会社紹介

会社概要


商号

滝川地方卸売市場株式会社


資本金

2,000万円


事業内容

鮮魚・青果及び生鮮食品の卸売業


代表取締役社長

加賀井 清二郎


従業員

49名


株主数

104名


売上高

28億4千3百万円(平成28年4月~平成29年3月)


買受人

69名


取引銀行

北洋銀行・北海道銀行・北門信用金庫


経営理念


私たちは、社会と人に思いを寄せ、社会と地域に必要とされる企業、貢献できる企業を目指して参ります。

滝川地方卸売市場株式会社

代表取締役社長 加賀井 清二郎

1. 安全な食品を安定供給

生産地から消費地へと安全・安心な食品を安定して供給します。

2. 生産加工品の創造

農家・農協・漁業組合・水産加工者・商工者と連携し、地域の生産加工品を創造し、地域産業の振興を図ります。

3. 高鮮度輸送

従来の物流を見直し、ITを活用しつつ高鮮度で迅速な輸送体制を構築します。

4. 有事の危機管理

市場の設備・スペース・機能をフル活用し、食料基地、避難場所として災害や有事に備えます。

5. 感謝と恩返し

行政・金融・運輸などの関係者、協力会社のサポートに感謝し、その期待に応えることで恩返しをします。

6. 食生活の支援

買い物が不便な地域や家庭の食生活を支える仕組みを整え、最終消費者の要望に応えます。

7. 社員の成長

教育・訓練を通じて力量の向上を図り、企業としてレベルアップし、社員とその家族を護ります。

事業内容


生鮮農水産物や農水産加工品、花卉類、食料品及び日常雑貨の販売を、地元や札幌商圏に販売して参りましたが、
今後は地元の精米やお菓子・スイーツ・特産品等、幅広く連携した商品群を取り扱う地域商社機能を発揮し、
道外販売や海外への輸出業務にも取り組んで参ります。

卸売市場の仕組み

卸売市場とは、生鮮農水産物や農水産加工品など、食料品及び日常雑貨を、生産者から消費者まで、「安心・安全・安定」の流通を行う役割を果たします。多数の生産者から生産物を集荷し、それぞれのニーズに合わせて多数の小売業者へ分荷することを行います。

適切な保管と温度管理

青果物や水産物等の食材には、それぞれに適した保管温度が決められています。不適切な温度での保管は、細菌の増殖・腐敗につながります。適切な温度での保管を徹底する必要があります。

水産加工室

弊社は生産者様、販売者様のビジネスを理解し、水産物の加工も行っております。水分の多い商品に対応した真空包装機なども備えております。

青果加工

弊社は生産者様、販売者様のビジネスを理解し、カットやパック詰め等の青果物の加工も行っております。

沿革


1910年 滝川市にて合資会社三ツ輪魚菜市場として開場。(開場107年)
1919年 食糧の安定供給と資本力の強化を目的に株式会社に改組。
1942年 戦時配給機構の改正により滝川鮮魚介配給統制株式会社となる。
1972年 北海道地方卸売市場条例の施行により、滝川地方卸売市場株式会社に改称。
1990年 滝川市流通団地3丁目7番1号の現在地に新築移転する。
1998年 地場産の青果物セリ場を増設。
2010年 物量増に対応するため、荷捌き場を増設。
2016年 経済産業省(農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業)補助による
氷温冷蔵庫増設・水産加工室新設・青果加工室増設・既存の冷凍及び冷蔵庫改良の各種工事を竣工。